ライブラリ

このはなスキークラブ

ようこそゲストさん    ログイン新規メンバー登録

ライブラリ » クラブ・サークル » このはなスキークラブ » オフィシャル日記 » やはり3月以降のスキーはマニアックなのか?

このはなスキークラブ  (日記)

 

やはり3月以降のスキーはマニアックなのか?

2012/03/25 01:09

  • バッジテスト 2010
  • バッジテスト 2011
  • バッジテスト 2012

今シーズンは、先シーズンに続き関西のスキー場も十分すぎる積雪だった。実際1990年以降、1月上~中旬に雪に恵まれなかったり、2月の下旬には雪がなくなってしまうようなシーズンは少なくなかった。


ただ、私自身、大学に入って信越地方にスキーに出かけるまでは3月に入って滑るという経験はなかったし、関西のスキー場は、雪がいっぱいあっても、3月になるとゲレンデは貸切状態になるようだ。


ハチ高原も150cmの積雪を残し3月25日でクローズ。奥神鍋も同じ。


ちょうどバッジテストのページにインフォシークのアクセス解析をつけているが、そのサービスが5月で終わるので、過去のアクセスを分析してみた。


グラフが細かくなりすぎるので、ここでは2010シーズンから2012シーズンまでの、12月20日から3月20日までのグラフを公開する。


いくつかの特徴を書き上げる。


(1)バッジテストへのアクセスは年末から増えるのでなく、正月休みが終わった後から増える。
(2)グラフを見るとわかるが周期的な山がある。連休などの例外を除き、月曜日に閲覧が増える。
(3)閲覧ピークは2月中旬。3月10日になると閲覧は目に見えて減る。
(4)4月29日から5月2日に再び閲覧のピークがある。




ページのトップへ