イベント

スイスのアイガー山麓を滑る「グリンデルワルト 9日間」

ようこそゲストさん    ログイン新規メンバー登録

イベント » スイスのアイガー山麓を滑る「グリンデルワルト 9日間」

スイスのアイガー山麓を滑る「グリンデルワルト 9日間」   (シニアスキー教室とスポーツ活動!スポーツ名人塾)

 

イベント情報

主催者:シニアスキー教室とスポーツ活動!スポーツ名人塾 (スクール・教室)

2018年3月17日(土)~2018年3月25日(日)
  • 講習・レッスン
  • シニア

<<<  お問い合わせ・お申し込み >>>


 ■宛先: スポーツ名人塾事務局・小川あて
 ■携帯番号: 090-4367-8245
 ■E-mail : ogawa-akihiko803(at)jcom.home.ne.jp
         ※(at)を@に変換してお送りください。
 ■FAX: 046-277-5430


以下のパンフレットをダウンロードし、最後のページの「スキー行事 回答書」に記入の上、FAXまたはメールでお送りください。
http://yukibito.com/file/group/96/8822/2018meijinjyuku_pamphlet.pdf


<<< 詳細 >>>


<ツアーの特色>
(1)アイガー北壁を間近に望むグリンデルワルトに滞在します。
(2)ウェンゲンへのワールドカップコースや映画007の舞台となったシルトホルンなど広大なエリアをご案内します。
(3)登山鉄道を利用して標高約3500mユングフラウヨッホ展望台にもご案内します。
(4)ご滞在中に1日、スイスの首都・世界遺産ベルン旧市街観光へご案内します。
(5)当ツアーは「スポーツ名人塾」限定のスペシャルツアーです。小川昭彦「名人塾」塾長による全行程のフルアテンドと現地はフェロートラベルのガイドが専属でエスコートするので安心です。


※参加資格=おおよそ2級レベル以上と考えております。皆さんで一緒に滑走するため、極端に遅い人がおられると待つ時間が多くなるためです。ご心配な方は小川塾長にご相談ください。


●参加費に含まれるもの:
往復の航空運賃・空港設備使用料・ホテル宿泊代金(2名又は3名1室)・朝食7回、昼食0回・夕食7回・日程表記載の交通費、航空機ご利用区間における手荷物運搬料金(23kg×2個)・専属スキーガイド代


●含まれないもの:
燃油サーチャージ、リフト券6日分、昼食代6回、一人部屋利用の追加料金、他個人的費用等


●利用予定ホテル:
ユングフラウロッジ(3星)または同等クラス


===========================================
★「スポーツ名人塾」の特色= 初参加の方も、お一人参加の方も心から歓迎いたします!


◎ 対象を50歳以上の中高年に限定。 中高年スキーヤー の仲間作りの 積極的なお手伝い をします。
◎ 評判良く、普通の人ではめったに習う機会を得られない スーパー指導陣 から 昼夜の講習 を受けます。
◎ スケールの大きいスキー場 と グレードの高い宿を厳選してキャンプを実施します。ほとんど温泉付き。
◎ 先シーズンは、スキー行事の8割が満員でキャンセル待ちが続出。早目の申し込みをどうぞ!!


★「スポーツ名人塾」のねらい、目標(シニアのスキーヤーに向けて)
◎ ケガをせず スキーを楽しみ、スキー技術の向上をこれからの 生きがいにしましょう。
◎ 年間を通じて、「スキー」 「山菜採り」 「シュノーケリング」 「ダイビング」 などをおこない、健康な生活を目指します。


★ スポーツ名人塾創設者は、元・オリンピック選手の澤田敦と小川昭彦です。今年は11 シーズン目です。


★ 2018 年シーズンの特色= 要望多数により、土・日・祝 を多く取り入れました。 得点制導入。


特別ゲスト講師に 佐藤麻子先生が復活しました。2会場実施。
新登場の宿が 4か所(尾瀬うめや・八方 あたらしや・青森ロックウッド・八方 くらや)


===========================================
★講師プロフィール★
【塾長 兼 事務局】 小川 昭彦(おがわ あきひこ)
● 『県連役員』や、『スキー学校の主任教師』、『大きなスキークラブの会長』など長年の体験によりスキー界の内情に精通している。最新のスキー技術を探求し『緻密なプログラム』で最短距離で上達させる特別なコツを習得している。常に指導方法を創意工夫している。見かけによらず(?)温厚で親切な人柄。 
● オフシーズンは、『陸上競技』『硬式テニス』『スキューバダイビング』で 身体を 鍛えている。特に大和市スポーツセンター陸上競技場の年間会員として奮闘中。100mなどの短距離が得意。肺活量は、驚異の5,300ccを計測。


何でも質問されれば 丁寧にお応えいたします。
http://yukibito.com/li/6272/

関連日記

写真あり写真付き  動画あり動画付き

関連日記はありません。

関連グループ

関連グループはありません。


ページのトップへ