イベント

五竜 あるむ会場

ようこそゲストさん    ログイン新規メンバー登録

イベント » 五竜 あるむ会場

五竜 あるむ会場   (シニアスキー教室とスポーツ活動!スポーツ名人塾)

 

イベント情報

主催者:シニアスキー教室とスポーツ活動!スポーツ名人塾 (スクール・教室)

2016年3月14日(月)~2016年3月17日(木)
  • 検定・試験
  • 講習・レッスン
  • シニア

【日程】
2016年3月14日(月)~3月17日(木) (3泊4日)
<レッスン>15日=午前・午後  16日=午前・午後  17日=午前(級別テストorレッスン)・午後


【スキー場】
白馬五竜スキー場



【講師】
末松 明、小川昭彦」
※講師が2人の場合は、講師のローテーションがあるので、両講師のレッスンを受講できます。



【主題】
「持てる実力を発揮するコツとは?」



【特色】
最終日の午前に「級別テスト」(バッジテスト)を実施します。受検されない方は、通常のレッスンを受けてください。 五竜は、変化に富んだバーン構成です。「アルプス平ゲレンデ」は、標高が高く、ゴールデンウイークまで滑走可能です。 宿は お風呂に力を入れてますので、嬉しいですね? 食事は、味も 提供のされ方も 素敵です。お料理のレベルは高いです。音楽大学にいっているお嬢さんのピアノの音が響いているような雰囲気の宿です。 オーナーも、奥さまも 五竜とおみスキースクールの先生でした。



【対象】
スキーレベル 初級・中級・上級(パラレルターン=スキーを平行にしてターンできる方~)



【宿泊】
「プチホテル あるむ」  白馬五竜ゲレンデまで 徒歩約3分
〒399-9211 長野県北安曇郡白馬村神城22197-2
TEL. 0261-75-2848



【参加費】
58,000円
■含まれるもの
夕食と朝食を含む宿泊費/講習費/懇親会費/保険代/晴れた日のビデオレッスン代


■含まれないもの
昼食代/リフト代/交通費



【交通手段】
●新大阪駅発(6:50)・京都駅(7:06)・<東海道新幹線・のぞみ104号>・名古屋駅着(7:41)乗り換え・名古屋駅発(8:00)・<しなの3>・松本駅着(10:05) 乗り換え・松本駅発(10:27)・白馬駅着(11:29) 
※白馬駅の改札口でお待ちください。宿の車での送迎があります。
●希望者には、小川塾長車で、中央林間駅から宿までの送迎があります。(往復=実費精算)


<申込方法>
以下のパンフレットをダウンロードし、最後のページの「スキー行事・回答書」に記入の上、FAXでお送りください。


http://yukibito.com/file/group/96/8787/2016meijinjyuku_pamphlet.pdf


申込FAX番号: 046-277-5430
申込宛先: スポーツ名人塾事務局・小川あて



===========================================
★「スポーツ名人塾」の特色★
 初参加の方も、お一人参加の方も心から歓迎いたします!!


◎ 対象を50歳以上の中高年に限定。「中高年スキーヤー」の仲間作りの「積極的なお手伝い」をします。
◎ 評判が良く、めったに習う機会を得られない「スーパー指導陣」から「昼夜の講習」を受けます。
◎ 先シーズンは、全ての行事が満員で キャンセル待ちが続出しました。早目の申し込みをどうぞ!!



===========================================
★講師プロフィール★
【特別ゲスト講師】  末松 明(すえまつ あきら)
●両親の影響で3歳からスキーを始める。小学生の時に入ったスキー教室で、スキーインストラクターに憧れを持ち、目標となる。
●現在は、白馬五竜とおみスキースクール 勤続17年、「主任教師」 と してレッスンに奮闘中。
●全日本技術選・全国大会9回出場。東京都スキー連盟所属のSAJ デモンストレーター。


【塾長 兼 事務局】 小川 昭彦(おがわ あきひこ)
● 『県連役員』や、『スキー学校の主任教師』、『大きなスキークラブの会長』など 長年の体験によりスキー界の各種の事情に精通している。最新のスキー技術を探求し、『緻密なプログラム』で最短距離で上達させる指導力がある。常に指導方法を、創意工夫している。見かけによらず(?)温厚で親切な人柄。 本人は「ボクはとても無口な性格です」と言うが、親しい人(澤田先生)からは「六口」(口が六つある人)と言われる。どっちか??
● オフシーズンは、『陸上競技』『硬式テニス』『スキューバダイビング』で 身体を 鍛えている。特に大和市スポーツセンター陸上競技場の年間会員として奮闘中。100mなどの短距離が得意。肺活量は、驚異の5300ccを計測。でかい?
http://yukibito.com/li/6272/

関連日記

写真あり写真付き  動画あり動画付き

関連日記はありません。

関連グループ

関連グループはありません。


ページのトップへ